男性用育毛剤の成分

育毛剤の効果について

髪の毛の発毛や育毛をするためには、頭皮環境を良くすることが必要です。そんな頭皮環境を良くするのに役立つのが育毛剤になります。
育毛剤は発毛剤ではないため、髪の毛を発毛させることはできませんが、現時点で生えている髪の毛に栄養を与えたり頭皮環境を良くすることによって、太く強く成長することを促したり、これから生えてくる髪の毛がしっかり育つようにする効果を期待できます。
具体的な効果としては、頭皮に塗ることによって血行を促したり、頭皮の炎症を抑える、髪の毛に栄養を与えることなどを目的にしています。今ある髪の毛を成長させるとともに、抜け落ちてしまうのも予防します。
ただし、様々なものが販売されているため、自分にあった育毛剤を使用することが大切です。

男性用育毛剤に使われる成分

男性用育毛剤に使われている成分は、いろいろなものがあります。機能としては主に、男性ホルモンの抑制、血管拡張による栄養補給、脂漏防止、炎症の抑制をはじめとして、頭皮の代謝を良くする効果や抗酸化作用を得られます。 男性ホルモンを抑制する成分としては、冬虫夏草エキスやオウゴンエキスなどが挙げられます。男性ホルモンを抑制することで男性型脱毛症を防ぎます。 血管拡張成分として代表的なのが、ミノキシジルです。栄養補給には、ビタミン類やアミノ酸などが役に立ち、保湿にはヒアルロン酸やイチョウ葉エキス、炎症にはグリチルリチン酸二カリウム、代謝をよくする成分としてはクロロフィルやクロレラエキス、抗菌効果の有るハッカ油やサンショウエキス、角質溶解成分としてサリチル酸やトレハロース、抗酸化成分としてザクロエキスやニコチン酸アミドなどが使われています。