女性用育毛剤の選び方

年齢によって選ぶものを変える

薄毛は年齢によって原因が異なるケースが多いです。そのため年齢ごとに適した育毛剤が変わることも珍しくありません。
10代や20代といった若い女性は頭皮の血行不良で薄毛になってしまうことが多いので、血行促進の効果が高い育毛剤が良いでしょう。若い頃の薄毛は一時的なものが多いので、副作用のリスクが高い医薬品の使用よりも副作用の少ない医薬部外品の使用が適しています。
30代からの薄毛は女性ホルモンの減少が原因となっています。そのため育毛剤も女性ホルモンのバランスを調整してくれるものを中心に選ぶのが良いと言えます。
薄毛が進みやすくなるのが40代です。40代になれば、ホルモンバランスの調整だけでなく、保湿も必要になります。女性ホルモンと保湿の両方に対応してくれる育毛剤を選ぶのが効果的です。
50代になると頭皮も老化が始まっているので、頭皮への浸透力が高い育毛剤が良いでしょう。

どの部分の薄毛に悩んでいるかで選ぶ

どの部分が薄毛になっているかによっても原因が異なります。
分け目の薄毛に悩んでいる人は、紫外線による頭皮の乾燥と老化が原因です。そのため紫外線対策が行われている育毛剤が良いでしょう。アルコールの成分が紫外線予防の邪魔をするケースも考えられるので、ノンアルコールの育毛剤を選ぶのが効果的です。
つむじや頭頂部からの薄毛は血行不良が原因となっています。例えば肩こりによって、筋肉が収縮されて頭皮が硬くなります。このパターンの薄毛には血行促進効果が高い育毛剤が適しています。
生え際の薄毛は少しの刺激でも起こりやすいです。これは生え際の毛が細いことが原因だと考えられます。刺激による抜け毛を防ぐには女性ホルモンのバランスを調整するのが良いでしょう。そのためホルモンのバランスを調整しやすい育毛剤が効果的です。