女性用育毛剤の成分

男性と異なる女性の薄毛の原因

薄毛が気になり始め夫の育毛剤を使ってみたものの、ほとんど効果が現れなかったという女性も多いのではないでしょうか。女性の薄毛は男性の薄毛とメカニズムが異なるため、男性用育毛剤を使っても改善できないことがあります。女性は、女性の薄毛の原因に合わせた成分が配合されている育毛剤を使うのが効果的です。
女性の薄毛には、髪が細くなり分け目などが目立つびまん性脱毛症、出産後のホルモンの変化によって起こる分娩後脱毛症、同じヘアスタイルを続けることによって起こる牽引性脱毛症などが代表的です。その他、頭皮環境の乱れによる脂漏性脱毛症やストレスによる円形脱毛症があります。まずは、自分の薄毛がどのタイプであるかを把握し、適切な育毛剤を選ぶことが大切になります。

女性の薄毛のタイプと有効成分

びまん性脱毛症や分娩後脱毛症に有効な育毛成分は、ホルモンバランスを整えるプラセンタエキス、オウゴンエキス、ヒオウギエキスなどがあげられます。また、血行を改善するセンブリエキス、シャクヤクエキス、ミノキシジルも効果的です。牽引性脱毛症は、同じヘアスタイルばかりにするのは止めるとともに、頭皮の保湿を促すトレハロースやヒアルロン酸、アロエエキスなどの成分がおすすめです。男性の抜け毛の原因でもある脂漏性脱毛症は、殺菌作用のあるLメントールや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムやパンテノールなどの成分がよいでしょう。 成分表を見て、自分に必要な成分が主成分である育毛剤を選ぶと、効率的に薄毛を解消できる可能性が高まります。