女性用育毛剤の効果

男性とは原因が違う!

抜け毛や脱毛で悩むのは男性ばかりではなく、女性でも悩む人は多いです。女性の抜け毛の原因は、女性ホルモンの減少だといわれています。加齢や偏った食生活、ストレスなどで女性ホルモンの分泌が減ってしまうことが影響しています。全体的に髪のボリュームがなくなった、髪が細くなった、頭頂部の分け目が目立つといった症状で気づく人が多いようです。原因となる生活習慣を見直して症状を改善するのも一つの方法ですが、育毛剤を併用して改善していくのもおすすめです。ただ男性とは抜け毛の原因が異なるため、旦那さんの使っている育毛剤を一緒に使うのはやめましょう。男女兼用のものならよいですが、女性用の育毛剤を選ぶようにしてください。

育毛剤にはどんな効果がある?

では、育毛剤にはどんな効果があるのでしょう。勘違いしやすいのですが、育毛剤は髪が生える薬ではありません。育毛剤は、頭皮環境を正常化して栄養が髪に行き届きやすくするものです。髪は頭皮の毛細血管から栄養をもらって育ちます。血行が悪かったり、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌で頭皮状態が悪い場合、髪が太く長く育ちません。育毛剤はそれらを改善し、元気な髪を育てるためのサポートをする働きをするものであることを理解しておきましょう。

その点を踏まえ、育毛剤で効果を得るには長期的に継続していくことが必要です。薬ではないので、即効性はありません。髪はもともと成長がゆっくりなので目に見える効果は実感しにくいのですが、育毛剤を使用したからといってすぐに抜け毛が改善されるということはないので注意しましょう。そして長期的に育毛剤を使用しながら、抜け毛に影響の出る悪い生活習慣を改善していくことが大切です。